周辺案内

周辺マップ

01 御所(ごせ)まち

近鉄御所駅より東に広がる商店街は「御所まち」と呼ばれ、古い町家がたくさんあります。

毎年11月第2日曜日に開催される霜月祭(そうげつさい)は、江戸時代から残る町家を特別に公開する「町家ミュージアム」、地元の芸術家の作品展示など、毎回様々なイベントが催されます。
名物の「行者蕎麦」の手打ち実演販売や「おづぬ餅」「霜月(しもつき)茶会」などのグルメも楽しみのひとつ。

数百名の山伏衆が、法螺貝を吹き鳴らしながら近鉄御所駅前から役行者の生誕地と伝えられる吉祥草寺まで練り歩く。「山伏おねり」も壮観です。

地図を見る

 

02 六地蔵石仏

近鉄御所駅から葛城ロープウェイ前行バス猿目橋で下車し、200mほど坂道を歩くと、大きな石が鎮座しています。
この地域は、昔、兄川の出水等により、度々災害が発生していました。
この六地蔵が掘られた大きな石も、室町時代に土石流で流れついた石で、村人がお地蔵様を彫ってお祀りをしたそうです。

地図を見る

 

03 鴨山口神社

全国で14社ある山口神社の総本社とされています。
古くから朝廷に用材を献上する山口祭りを司った由緒深い神社で、式内名神大社の一つです。
祭神は大山祇神(おおやますみのかみ)大日霊命(おおひるめのみこと) 御霊大神≪(ごりょうのおおかみ)または(みたまのおおかみ)≫ 天御中主命(あめのみなかぬしのみこと)です。

地図を見る

 

04 駒形大重神社

かつて別々に祀られていた、駒形神社と大重神社が、明治40年に合祀されました。
駒形神社の祭神は、定かではなく、大重神社の祭神は葛城雅犬養連網田です。
葛城雅犬養連網田は、大化の改新の、蘇我入鹿が暗殺に関わった人物です。
近鉄御所駅から葛城ロープウェイ前行バス猿目橋で下車し、南へ800mほど。鬱蒼とした檜林の中に鎮座しています。

地図を見る

 

05 九品寺

駒形大重神社のすぐ南。
聖武天皇の詔り(みことのり)によって奈良時代の僧、行基が開基しました。1558年に浄土宗に改宗。
境内や本堂の裏山に数多くの石仏があることで有名です。

地図を見る

 

アクセスマップ

アクセスマップ

駐車場は、葛城山ロープウェイ登山口駅手前の御所市観光協会駐車場をご利用ください。

アクセス方法はこちら

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

Topics

  • ロープウェイで空中散歩
  • 白樺食堂
  • 周辺観光
  • てくてくまっぷ
  • 奈良県御所市の情報を発信中!御所ガールfacebookへ
PAGE TOP